フリーミアム戦略を取る場合は無料提供物をケチってはいけない

利益率の高いデジタル商品がフリーミアム戦略に最適な理由とは

著書「Free」の解説サイトはチェックしましたか?
日本初のフリーミアム徹底解説と謳っているだけあって、ページ数は多くは無いものの、一見の価値ありです。

「フリーミアム」で検索するとヒットしますよ。

“フリーミアム戦略を取る場合は無料提供物をケチってはいけない” の詳細は »

通話無料サービスで固定電話はFAX送受信の役割しか無くなるのか

インターネット無料通話が売り物のスカイプのフリーミアムモデルを改めて見てみましょう。

スカイプはインターネットを通じて無料で会話が楽しめるツールです。

WEBカメラがあれば、ビデオ通話も可能で、通話が出来なければチャットという文字情報でのやり取りでコミュニケーションが図れます。
スカイプもフリーミアムモデルですよね。

“通話無料サービスで固定電話はFAX送受信の役割しか無くなるのか” の詳細は »

結果は後から付いてくるという言葉は戦略が練られている時だけ

フリーミアムはタダのものを用意すれば有料バージョンを自動的に買ってくれるわけではない

フリーミアムの失敗の線引きは難しいものですが、とにかく無料を訴求してたくさんの人に知ってもらったり、使ってもらえば売上げは後から付いてくるという、楽観的な姿勢は、確実に失敗への道を歩んでいると言えるのではないでしょうか。

フリーミアムは戦略的であるべきですよね。

“結果は後から付いてくるという言葉は戦略が練られている時だけ” の詳細は »

消費者の行動心理を先読みするのもマーケティングなのか

有料のものを無料で提供することのメリットを事例から考察してみましょう

フリーミアム戦略で、もっとも気をつけなければならないのは、無料で見込み客に渡す商品やサービスが安っぽくなく、かつ、有料へのアップグレードでのベネフィットが容易に見込み客に伝わらなければならないことでしょうか。


“消費者の行動心理を先読みするのもマーケティングなのか” の詳細は »

情報提供そのものがフリーミアム戦略の第一歩

情報が価値を生み出す時代だからこそ情報を提供することが大切

企業がブログが開設して、情報を出し続けることが、実はフリーミアム戦略になっているケースがあります。

フリーミアムを特に難しく考えることはなく、情報は立派な提供物になっていることに気づくか気づかないかですね。
そこから、どのようにサービスに導くかというところでしょう。

“情報提供そのものがフリーミアム戦略の第一歩” の詳細は »

爆発的な購買行動を促すフリーミアムは良薬にも毒薬にもなる

一歩間違えば毒薬にもなるのがフリーミアム戦略なのかもしれない

フリーミアムの最大の目的は、実は、衝動買いを喚起させることではないのかなあと思っています。

モノを購入する際は、理論的な理由は必要とせず、全ては後付理論なんですよね。

“爆発的な購買行動を促すフリーミアムは良薬にも毒薬にもなる” の詳細は »

自分の時間を犠牲にしてまで無料のものを欲しがる人々

祭事で無料で振舞われるものに対して行列を作るのが好きという人はたくさんいるものです

フリーミアムを実践した結果についての詳細を知りたいと思いませんか。

例えば、経営者にダイレクトに、フリーミアム戦略を実施した結果、何%がプレミアムメンバーとなったのか、などシビアなところを突いてみたいですね。

“自分の時間を犠牲にしてまで無料のものを欲しがる人々” の詳細は »

国民的人気菓子であるグリコの販売戦略はフリーミアムか?

グリコのおまけはフリーミアムなのか。初めからプレミアが付いている商品について。

グリコのおまけのように、商品に予めプレミアを付けて販売することは、フリーミアムとは言えないのでしょうか?

グリコのおまけを取り上げたのは、国民的人気商品であり、プレミア付き商品のパイオニアだと思っているからです。

“国民的人気菓子であるグリコの販売戦略はフリーミアムか?” の詳細は »

SEO会社の事業仕分けが進むことになるのか

検索事情の変化を掴んで頂点を目指す

Yahoo検索のGoogle化のことは、既にご存知かと思いますが、徐々に、テストの範囲が拡大している模様です。

試しに、Yahoo検索でキーワードを入力して、検索結果のフッターを見てください。
「Search Results provided by Yahoo! Inc.」の表記はありますか?

“SEO会社の事業仕分けが進むことになるのか” の詳細は »

情報コンテンツにおける広告の存在感

無料情報と広告は同居する

インターネット上に公開されている情報のほとんどは、無料で閲覧が可能となっています。

一部、会員制システムによって、情報の閲覧が会員のみというウェブサイトもありますが、無料ながら一定レベルの価値を持つ情報はたくさんあります。

“情報コンテンツにおける広告の存在感” の詳細は »